2009年09月27日

香霖堂長月市

posted by 活焦刃 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

悠久の地にいざ行かん!

明日は『香霖堂長月市』ということで、今から名古屋に行ってきますv

直前にはいろいろなゴタゴタがありましたが、それはまた音声日記の方でw

今回の闘いだけは、絶対に避けられない!
posted by 活焦刃 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

僕の私の最萌幻想郷・体験版(2日目E)

まあ、今回は身代わりになってやるか。

「自然界に存在する生物の中で、人と言う生き物だけが考える力を持っています。人はその考える力を使って、自らが取るべき行動を選びます。自らの理念、感情、損益…それらが元となって。それが”意思”です。あなたにはそう言った“意思”が存在していない」

今日の映姫さんは偉く熱が入ってるなぁ…
というより、そんなに俺の事が気になってたのか?

「活、あなたはその人生の中で、何をするために生きているのですか?」
「何をするために、って言われても…ただ自分の生きたいように生きてるだけですよ?」
「それが“意思がない”ということです」

ピシャリと反論を却下される。
言いたいことは分からないでもないが、正直納得いかない部分もある。
しかし、反論するとややこしいことになるのは目に見えているので、俺は黙って頷くことにした。

「あなたが進む道はあなたにしか見えない。そしてそれはあなたに見えていなければいけない。あなたの努める善行は、『自らが進む道を探すこと』です」
「御高説感謝致します。それはそうと、小町がいませんよ?」

話が終わったのを見計らって、小町のことを話してみる。
それに今気付いたのか、映姫さんは辺りをキョロキョロ見回した。

「あの子は…!!」

怒りを露にした映姫さんは物凄いスピードで小町を追いかけて行った。
置いてけぼりを喰らった俺は、さっきの話を思い返した。

「自らの道、か…」

映姫さんに言われたその言葉が、やけに俺の心に響いてきた。





「ただいま〜」
「あ、お帰りなさ〜い」

八雲家の玄関を開けると、橙ちゃんが元気よく駆け寄ってきた。

「活さん、丁度今から晩御飯ですよ」
「よかった。タイミングはバッチリだったみたいだね」
「早く早く〜」

そう言って橙ちゃんは俺の袖を掴んでくる。
その様子を見て、本当に妹みたいだと思ってしまう。

「お帰り」
「ただいま帰りました」

居間では既に藍さんが夕飯の準備を整えていた。
4人分、どうやら紫は起きているようだ。
ここにはいないが。

「あれ、紫は?」
「ここにいるわよ」

声と共に、足元から紫の顔が出てきた。

「どわぁっ!お前、何て所から出てきてるんだよ!」
「東西南北上下左右前後、どこからでも出てこられるわよ?」

てへっ、と云った感じで舌を出す紫。
いい歳したババアが何やってんだか…

ガゴン!

「いってぇ〜〜〜!」

頭に猛烈な痛みが走る。
上から何か落ちてきたみたいだ。

「失礼なことを考えてるから罰が当たったのよ」

そういう紫の手には割と大きめの金盥が。
どう見ても隙間からです、本当に(以下略)

「ほら紫様も活も遊んでないで、早くご飯にしましょう」
「はい…」
「はいは〜い」

藍さんの声で4人が卓袱台に集まる。
家族さながらのこの雰囲気は、肉親のいなかった俺にとって凄く心地が良い。

「活さん、何かいいことあったんですか?」
「え?特になかったけど、何で?」
「だって活さん、今凄くいい笑顔をしてましたよ?」

どうやら気付かないうちに、表情にも出ていたらしい。

「それほどこの家の住み心地がいいってことかな」
「そうですよね!橙もそう思います!」
「美味しいご飯があって、一緒に食べる家族がいる。俺にとってこれ以上の贅沢はないよ」

むしろこの環境にケチをつけるなんて、それこそ罰が当たってしまう。
つくづく、『自分は恵まれた環境に置かれている』ということに気付かされる。

「その歳で随分と年寄り染みたことを言うのね」
「人生色々あると考えも変わってくるんだよ。それにお前には言われたくない」
「2人とも、そう言う話は後にして。今は夕飯の時間ですよ」

俺と紫の小競り合いを鎮める藍さん。
直後、橙ちゃんの大きな声が響いた。

「はい!それではお手を合わせて」
『いただきます!』

つられて重なった「いただきます」に、皆の笑い声が零れた。
これは橙ちゃんの作戦勝ちかな。





夕飯が済み、俺は自宅へと戻ってきた。
特に何もすることはないのだが、八雲家に長居をすることを躊躇ってしまうからだ。
どうもまだ『遠慮』が抜け切っていないらしい。

「ふう…」

布団に寝転がり溜息をつく。
ふと昼間の映姫さんの話を思い出した。

「『自らが進む道を探す』…」

簡単なようで難しい言葉。
それを成すためにはまず何をする必要があるのか?
そしてそれは1本しかないのだろうか?

「う〜ん…ん、ふゎ〜…」

色々と考えている内に睡魔が襲ってきた。
そしてそのまま、俺の意識は闇の中へと沈んで行った。





突如、寝汗で目が覚めた。

「…暑い…」

秋らしからぬ気温&湿度が俺の安眠を妨げてくる。
昼間は涼しかったのに、何故夜になってこうも暑くなったんだろうか?

「今何時だ…?」

枕元の目覚ましで時間を確認する。
2時半、実質3時間ほどしか寝ていないことになる。

「…扇風機をつけるか?」

八雲家の隣と言うこともあって、この家には一通りの電化製品が揃っている。
ほとんどは紫が置いていったものばかりだ。
テレビ、冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、掃除機、扇風機…乾燥は天日で済ましているので、無駄に幅を取る乾燥機だけは返したが。

「…いや、やめとこう。変に体調を崩しそうだ」

この扇風機、あまりに古すぎてタイマー機能が付いていないタイプなので、寝る時にかけると体温を下げすぎてしまう可能性がある。
明日は休みと言えど、俺だって無駄に寝込みたくはない。

「それに微妙に眠くないし…」

更に一度寝たせいか、眠気も結構取れていた。
さて、これからどうしようか…

「意地でも寝るか、ちょっと気分転換でもするか…」

1.無理矢理寝る。
2.外に出る。
posted by 活焦刃 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

9月に入りました

夏の大イベントも無事に終わり、その次のコミックライブも無事に参加できました。
さて、ここらでもう一度参加イベントの整理をば。

東方名華祭…0%。あまりにも知人が少なすぎるので見送り。
紅のひろば&月の宴…0%。仕事が丸かぶり。
香霖堂長月市…100%。新・本命その1。
東方紅楼夢…100%。新・本命その2。
御射宮司祭…0%。恩師の参加見送りが決定打。
地獄極楽メルトダウン…60%。作品色が強いので検討中。
東方不敗小町…80%。仕事さえなければ参加確定。
大H州東方祭…100%。ムームー隊長補佐と共同戦線。
恋のまほうは魔理沙におまかせ!…70%。秋★枝さんの参加の影響。

名華祭と紅&月及び御射宮司祭は完全に不参加、大H州と崇敬祭は同志の参加により大H州に決定しました。
まあ、まだまだ先の話なのでどうなるかはわかりませんが…;
とにかく、直前には何らかの更新はしたいと思います。

-先月の拍手レス-
特になし;
posted by 活焦刃 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<このサイトについて>
活焦刃の「第3回全世界異種格闘技大会に向けて」は、執筆中の小説を掲載することを目的としたブログです。
二次創作が多いですが、オリジナル小説の完成および公開を目標としています。
<活焦刃ついて>
シスプリが大好きです。咲耶が一番好きです。多分これだけは一生変わらないと思います。
MAが好きです。カンナが一番好きです。天桐神奈親衛隊隊長やってます。
東方が好きです。魅魔様が一番好きです。クリア経験は靈異伝両ルート、夢時空全キャラ、幻想郷W魔理沙、萃夢想全キャラ、風神録レザマリ(+EXクリア)、緋想天全キャラだけです。
格闘ゲームが好きです。割と何でも手を出します。萃夢想では美鈴、緋想天では萃香、非想天則では萃香&美鈴使いです。
エロいです(コラ
<作品について>
「Legend of Sisters」(以後LOS)…このサイトの一番メインの小説。現実世界の高校生が小説の世界を救う、といった話。若干設定が異なるアナザーストーリー版も存在する。しかしどちらも1話すら完成していない;
「狼牙」…LOSより少し前の時代のストーリー小説。LOSにも、主人公たちが読むライトノベルとしてその名前が出てくる。ストーリーの進行はLOSとほぼ一緒。
「多夢音楽劇場」(以後TMT)…TAM MUSIC FACTORYさんの音楽を、勝手なイメージで小説化したもの。進路に悩む高校生男子と生霊になった女の子の話。はっきり言ってありえないストーリーw
「活焦刃的MA妄想劇場」…MAチャットルームにてセリフのみで書き上げた作品。読みにくい上に効果音まで書いているのであまり盛り上がらない。
「LOS×東方project」(以後L東)…LOSの主人公と東方のキャラを掛け合わせた小説。全17章で構成されていて、現在第1章のみ公開中。
「LOSvs東方project」(以後L東2)…東方の音楽を聴きながら浮かんだイメージを小説化したもの。こちらはLOSの主人公が、東方の世界の異変解決に挑む話。東方狂信者には大変面白くない構成^^;
<LOSと狼牙について>
ストーリー
誕生秘話
キャラ紹介 @ A B C D E F G H I J K
用語辞典
<L東とL東2について>
-L東-
第1章:博麗の巫女との邂逅〜東方邂逅記〜
第2章:幻想郷の知識人P〜東方調査帖〜
第3章:幻想郷の知識人K〜東方教育譚〜
第4章:幻想郷の知識人E〜東方月影説〜
第5章:あの子は普通の魔法使い〜東方想恋陣〜
第6章:少女の秘密は恋心〜東方操演舞〜
第7章:超動物愛護精神〜東方寵愛録〜
第8章:Hの為の勉強会〜東方勉強会〜
第9章:妖怪でも女の子は女の子〜東方真心談〜
第10章:相手にとって不足なし!〜東方武神伝〜
第11章:白玉の誓いは永久に〜東方狂戦夜〜
第12章:超越者たちの戦い〜東方激闘史〜
第13章:因幡の白兎娘×2〜東方兎秘話〜
第14章:戦慄の旋律を奏でる者〜東方合奏団〜
第15章:春に呆ける秋の虫〜東方春物語〜
第16章:割と暇な閻魔の一日〜東方暇魂塚〜
最終章:最初で最後の宴〜東方総出宴〜
-L東2-
第1弾:紅魔討伐伝(紅魔郷)
第2弾:妖桜刹華伝(妖々夢)
第3弾:萃騒狂宴伝(萃夢想)
第4弾:永夜消月伝(永夜抄)
番外編:黒史解明伝(旧作)
@幻想回帰(幻想郷)
A怪奇目録(怪綺談)
B封印決壊(封魔録)
C夢現空間(夢時空)
D靈影追跡(靈異伝・魔界)
E靈気退散(靈異伝・地獄)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。